横浜ビー・コルセアーズとオフィシャルパートナー契約締結のお知らせ

2021/03/05

この度、横浜を拠点にリフォーム事業、不動産事業を行う株式会社エリアプロジェクトは、神奈川県横浜市をホームタウンとしてB.LEAGUEに所属しているプロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」とオフィシャルパートナー契約を締結したことをお知らせいたします。


弊社 代表の小杉 駿介は、地元である横浜をスポーツで盛り上げたい、という思いを日頃より持っていました。小杉がサッカー少年だった頃、ヴェルディ川崎に憧れてプロサッカー選手になりたいという夢を描いた子供たちがたくさんいました。小杉もその一人です。


その当時、将来バスケット選手になりたいという子供は身近にいませんでしたが、バスケットチームが地元横浜に出来たことで、プロのバスケット選手を見て、子供たちに夢を身近に感じてもらいたい、目標を持つことに大切さを伝えたい、そのような思いがあり、オフィシャルパートナー契約を終結させていただきました。


今回、横浜ビー・コルセアーズさんと共に、地元横浜を盛り上げるための社会貢献事業を行います。詳細はまだ公開できませんが、コロナ禍で先行きに不安を感じるニュースも多い中、子供たちに夢や目標を持ってもらうきっかけとなる企画になると思っておりますので、是非お楽しみにしていただけたら幸いです。

 

 

写真

左:株式会社エリアプロジェクト 代表取締役 小杉 駿介 / 右:横浜ビー・コルセアーズ 代表取締役 植田 哲也さん

 

 

【横浜ビー・コルセアーズ】
横浜ビー・コルセアーズは、神奈川県横浜市をホームタウンとしてB.LEAGUEに所属しているプロバスケットボールチームです。
https://b-corsairs.com/

 

 


【株式会社エリアプロジェクト】
2015年に小笠原諸島で起きた地震をきっかけに2016年に耐震事業で創業、横浜を中心にリフォーム事業、不動産事業を展開する、社員13名の会社です。代表は小杉家の三男(駿介)が務め、小杉4兄弟全員がエリアプロジェクトで働いています。


積水ハウス不動産様、エイブル様、町の不動産管理会社様から、現状回復やリフォームも含め、おかげ様で月100件を超えるご依頼をいただいております。

地域に根ざしたサービスをモットーに地域の皆様の頼りになる会社を目指しています。
 

 


【新サービス『不動産デリバリー』】
『不動産デリバリー(商標登録出願中)』は、2020年8月に株式会社エリアプロジェクトが始めた、賃貸・売買・事業用物件をお探しの方に、非接触型のLINEで物件情報をお届けするサービスです。

無料で気軽に相談できる、ポータルサイトでは問い合わせないと分からない『こだわり条件』を事前に調べて提案してもらえる、遠方やお忙しい方はLINE内見(電話やTV電話)が出来るとお客様より好評です☆

公式サイト
https://house-deli.jp/