横浜市泉区 クロスの貼り替え/クロス壁一面の貼り替え

2019/12/31 ブログ
logo

横浜市原状回復まるなげ!
エリアプロジェクトの栗原です!!


先日、横浜市泉区で行った、壁一面のクロスの貼り替えの施工を交えながらクロスの貼り替えについて紹介させていただきます!!

今回の記事の内容としては


・クロスの張替えについて
・クロスの種類
・クロスの張替えのメリットデメリット
・クロスをDIYで貼り替えてみる!
・クロス貼り替えを業者に頼んでみる!

で、分かりやすく進めていきたいと思います!!!


・クロスの貼り替えについて

クロスは経年劣化が進むと、クロスとクロスを合わせた結合部(ジョイント部)が開いてきたり、四隅がめくれてきて、剥がれたりしてしまいます。
それから落ちない汚れ、臭いなどが染み付いたりすることも!

それらを考慮するど、ビニールクロスの貼り替えは10~15年で行うとよいとされています!

・クロスの種類
クロスの種類ですが、ビニールクロスの他に紙のもの繊維のものと素材の違いがあります。

中でもビニールクロスは安価で、しかもデザインが豊富です!


それから、防カビ、防菌、防臭と、最近ではアレルギーが出にくいものが開発されていて、安心度が高くなりました!


 


・クロス貼り替えのメリット
まず、クロスを貼り替えると、臭いが気にならなくなります。

普段生活していて気づかない黄ばみや日焼けなど、経年変化は思ったよりも進んでいるものです!
クロスを貼り替えると、ぱっと見た目が変わります!!

現在扱われているクロスは、防カビ防菌などが標準装備になっている事が多いので、カビてきた古いクロスを貼り替えるだけで、カビの進行を抑えることが出来るかもしれません!


・クロスの張替えのデメリット
クロスの貼り替えのデメリットですが、ビニールクロスは、ビニールというだけあって、やはり通気性がよくありません。ですが、防カビ機能が優秀なので、問題はないでしょう!

ちなみに昔のクロスがカビたりするのは、防カビ、防菌の機能を持たなかったためです。


臭いに敏感な方は、ビニールクロス特有の臭いが、しばらく気になることがあるようです。
しかし臭いに関しても開発改良を繰りかえして改善されつつあるようです!

・クロスをDIYで張り替えてみる!

DIYでクロスを貼り替えをする時のの手順ですが

①元に貼ってあるクロスを剥がす。
②クロスを裁断する
③手で糊をつける
④貼り付ける

というような流れになりますが
別の記事で詳しく書いていきますね(´・ω・`)!!!


・クロスの張替えを業者に頼んでみる

当社では、壁一面のクロス貼り替えのリフォームも受け付けており、クロスクリーニングで落ちる汚れなのかどうかも判断し、提案することができます!!

剥がすとこーんな状態になります!

クロスの貼り替え壁一面のみもご相談ください!

横浜 都筑の原状回復まるなげ屋!!

エリアプロジェクト!

https://area-project.jp